サラリーマンが余暇でゲームをつくる日記
by caliyan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ゲーム設計
グラフィック
プログラミング
キャラクター
ゲーム論一般
プレイ雑記
ゲームニュース
作成進捗
ご挨拶
以前の記事
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
more...
ブログリンク
最新のトラックバック
ドラクエ9が・・・9が・..
from 銀色じゃんけん
たまげた 次回作ドラクエ..
from お得情報ドットコム
ポケットモンスター エメ..
from 新作ゲーム/人気ゲーム商品参..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ゲームニュース( 5 )

PS3とWindows Vista

いまさら言うまでもないことだが、PS3はPS2以前のゲーム機と比べ計算能力や描画能力が格段に向上している。チップの小型化の技術は日々進歩しているとはいえPS3の回路はPS2のそれより遥かに大きくなった。すなわちPS3はPS2と比べ、その計算能力の代償として、価格、500W強の消費電力、そして5kg強という非常に重たい重量をユーザーに課すことになったのだ。私はPS3は買ってないし持ったこともないが、お店で買って家まで持って帰った人たちはかなりきつかったに違いない。

一方、今冬ようやく登場するWindowsの新バージョンであるVista。XPと比べ大きく改良されている(というより新しく作り直した)らしいが、一番の売りは”Aero Glass”という3Dグラフィックを使用し、ウィンドウを透過したり立体的に傾けるなどの視覚効果が可能であることらしい。これはかなり重たい処理なので、高性能なグラフィックハードウェアが搭載されていないと使用することはできない。でないと以前のような2D表示となるとのこと。デスクトップ型PCでもけっこう厳しいスペックの要求と思えるのだから、現在出回っているノートPCのほとんどはこの機能を使用することはもちろんできない。

私はここ数年、デスクトップPCとノートPCは共にDELLのものをオンラインで注文して購入した。私が今使っているノート(ブタと一緒に写っている)は約2kg。これ以上重くなると持ち運びが面倒になるギリギリのサイズだ。ちなみに1kg強のサイズのノートは価格が10万は跳ね上がるし発熱もすごいので、ノートPCは2kg前後が自分にとって最適と思っている。ところが最近のDELLのノートはWindows Vistaに対応するためなのか、多くがグラフィックハードウェアが強化され、現在一番の軽量でも2.8kgとなってしまった!まさになんってこったいって感じである。国産メーカのノートは変わらず1kgサイズはあるようだが、おそらくAero Glassの使用は無理だろう。

話はPS3に戻るが、最近のWiiとの売れ筋の比較だけでなく、先日のDQ9の発表がトドメとなった形で、早くもWii、そしてNintendo DSに敗北した感がある。すなわちマシンを重量化してまで実現したグラフィック機能よりも、多くの人は軽くて手軽な携帯ゲーム機を支持したということである。DSだけでなく携帯電話からも端末の小型化は必須の流れとなっている。

そこへきてWindows Vista。なぜAero Glassを搭載しなければならなかったか、というとおそらく”新しいOSを作って売らなければならないので新しい機能が無理にでも必要だから”という理由だろう。PS3もこれと似ている気がする。しかしノートパソコンを重量化してまでこの機能を喜ぶ人がどれくらいいるのだろう。Microsoftの独占状態はそう簡単には終わらないので売れることは間違いないのだが、PS3とDSのように、時代の本流から時期に外れる気はする。
[PR]
by caliyan | 2006-12-28 00:24 | ゲームニュース

ドラクエ9の発表

多くの人はWii、またはPS3と思っていたことでしょう。旧エニックスは新ハードがでてもしばらく旧ハードでドラクエ出していたので、私はおそらくPS2と思ってました。

しかしご存知の通りDS!でも、一番出て欲しかったハードであったかもしれない。これでWii、PS3、(&XBOX360)とますます買う必要がなくなった。(WiiのDQソードもけっこうおもしろそうなのでWiiは買いたい気持ちはあるのだが)
前々からDQのグラフィックはPS2版DQ5くらいがちょうどよいと思っていたので、DSでの9もそれくらいのグラフィックで満足。画面を見た感じからDQ3の職業システムをベースにちょっとしたオンラインとアクション要素を付け加えたような感じになっているのかな。

オンラインは必須ではなさそうなのでサブ的な要素になるのだろう、RPGオンラインは主にFF11やラグナロックみたいな協力プレイと、ポケモンやDQモンスターズみたいな対戦があると思うけど、私は後者の対戦の方が好き。今回の9は協力プレイのためのオンラインのようだが、ぜひとも対戦も入れて欲しい。でもそれはDQMジョーカーがあるから入らないかな…。

あと、日本のトップゲームの(外伝でなく本編が)携帯への移行がゲーム業界へ与えるインパクト。これがこれからどう見られるかもとても楽しみです。
[PR]
by caliyan | 2006-12-12 23:49 | ゲームニュース

PS3とWiiのコンセプトの違い

SCEI 久夛良木健氏
「だって、僕らはゲーム機って言ってないじゃない(笑)。PS3は、今までのPSと違って明快にコンピュータだから。確かに、ゲーム機として見た時には、コストを下げるためにしてきた従来の手法は、PS3でも当たり前にやる。だけど、PS3はコンピュータなので、(価格を下げるだけではなく)進化したい。」
「1年ごとに、コンフィギュレーションを(拡張して)出してもいいと思っている(笑)。冗談ぽく言ってるけど、Dellならやるだろうし、Appleでもやるだろう。PCなら、2年も(スペックを)置いておいたら追いつかれちゃう。コンピュータはどんどん変えていくものでしょ? (HDDも)絶対60GBじゃ足りなくなるし、メモリだって足りなくなるかもしれない。色々な可能性がある。」

任天堂の岩田氏
「単なるハードの進歩をいくら続けても、ゲーム離れを食い留めることはできない」
「ゲームやゲーム機のことだけを考えて生きている人は、世の中にそれほど多くはない。ほとんどの人はゲームのことはあまり考えていない」
「任天堂は次世代ゲーム機を作っているわけではなく、次世代ゲーム機戦争をしているわけではない」
「処理性能至上主義からのパラダイムシフトはすでに携帯型ゲーム機で起きている」
「ゲーム機の会社の社長としては不適当な発言かもしれないが、薄く小さく邪魔にならないゲーム機を作りたいと思った。普通の人、とくに家庭のお母さんにとって、ゲーム機は邪魔なもの。『邪魔だなんてとんでもない』と言うのはゲーム業界の人だけ」
「どんどんリアルだけを目指すという一方向の道だけでなく、ソフトの価値を高める方法があるのではないか」
「ゲーム機は最初は赤字で当たり前、というのは妙な考え。そういう考え方をお持ちの方もいるが、任天堂はそういう発想とは逆」

これでもかというくらい、ゲーム機に対する意見が違い笑えてしまうw
久夛良木氏はPS3はPS3でゲーム機でないといっているが、間違いなくゲーム機でしょう。ここまでゲーム機じゃないと言い張るのは、PS3の価格の言い訳でかなり苦し紛れに聞こえてしまう。
岩田氏の発言も正論かもしれないがかなり強気。これはDSの大ヒットがあればこそできる発言と言えるだろう。

世間の人たちは、このどちらを支持するのだろうかねえ。私は任天堂を熱心に応援したいわけではないけれど、やっぱり後者かなあ。。。
[PR]
by caliyan | 2006-06-08 23:46 | ゲームニュース

PS3、XBOX360、Wii

ここ数日はE3(Electronic Entertainment Expo)での、PS3、Wiiの詳細、新作ゲームのニュースで日本のゲームの各掲示板も盛り上がっている。
このE3というお祭り、もちろんアメリカだから行った事はないが東京ゲームショーよりもすごいのだろうかね。東京ゲームショーもかなりの規模だけども。

前回の記事でPS3のことを書いたけど、それ関連をもう少し…。

■ PS3とXBOX360
PS3が、ハードディスクが20Gでさらに機能がやオプションが削られた廉価版が税込63,000円、60Gの事実上の通常版が約75,000円。XBOX360が、現在だいたい35,000円。
二つのゲーム画面を見比べてもほとんど違いは分からない。実際に二つのマシンの計算機としての機能の差は、スペック表を見比べてもそれほどはないと言える(一応PS3の方が上らしいが)。では、この二つの値段の違いは何なのかというと、XBX360が従来のDVD(容量7G)に対し、PS3がBD(BlueRayDisc、27G)を使っているからに尽きる。

しかし、二つのマシンのゲーム画質が違いが見られないとすると、BDの大容量が本当にゲームに必要なのか疑わしい。XBOX360のゲームがDVDで足りているのだから。
ポリゴンをひたすら増やしてキャラや背景を細かくしてより滑らかなCGが作れるかもしれないが、これでは開発費がいくらあっても足りない。
また、BDの容量を使い切るためにハイビジョン対応のムービーで埋めるという手もあるかもしれない。しかしムービー作成にはこれまたお金がかかるし、ムービーにための容量なんて”ゲーム”の道からさらに外れていくだけである。さらに言えばハイビジョン用のでっかいテレビってそんな一般に普及しているのだろうか。。ハイビジョンテレビ&BR or HDVのコンポなんてまだまだ金持ちかマニアのみって感覚なのだが。。。

今までのコンピュータゲーム史の中で、ハードの性能がワンランク以上あがった時に、CGの差が見て取れないなど初めてのことかもしれない。つまり現在のXBOX360の画質がハードの機能と作成コストの釣り合いの上で、限界に近づいていると言えるのかもしれない。

■ Wii
画質はGCに比べ、多少あがった程度。やはり売りは片手操作の新型コントローラ。正直、私は現在のところ、この新型コントローラに多少の抵抗がある。テニスゲームをするのにラケットを振り回すような運動をする気にはなれない。しかしこれは記事を読んだだけの第一印象なので、実際にデモを見たり、プレイしてみたら面白く新鮮に思えるかもしれない。
Wiiは機能的にも金額的にも客層的にも、PS3&XBOX360の直接のライバルにはならず、共存していくのは間違いない。(とみんな言ってるw)

■ 結論
PS3はかなりの確率で買わない。FFも12で見切りかけているので、FF13も興味を引かれない。XBOXはPS3効果もあって、相対的に購買意欲が高まってきた。現在はそれほど興味あるソフトがないので、あわてては買わない。ブルードラゴンとかはやはり注目している。
初代XBOXも2万まで値下がりしたときに買ったので、今回も値下がりしないだろうかと期待している。ここでPS3に一気に差をつけるためにも値下げに踏み切っておかしくない。無限の資金力をもつマイクロソフトならば1万にして一気に普及させる作戦も可能と聞いたのだがwさすがにそれはないか。Wiiはゼルダ、ドラゴンクエストソードが発売と同時に出そうだが、とりあえずは様子見。

まあ、しばらくはゲームはDS、PS2で十分ということか。。。
[PR]
by caliyan | 2006-05-14 02:04 | ゲームニュース

PS3とFF13

ようやく発売日と価格が発表されたPS3。
11月11日発売で税抜59,800円!

機能を考えれば、この価格は安いといえるのかもしれない。しかしゲーム機としてはとても高い。15,000円のDSで十分に面白いゲームが楽しめている現状で買う気がなかなか起こらない。39,800円のXBOX360ですら、ためらって未だ買ってない中でこのPS3はなおさらだ。さらにソフトも開発費大幅増で10,000円前後が当たり前となるのではないだろうか。

SCEの久夛良木氏が言うには
「安すぎたかも。これはPS3の価格です。高いとか安いとか、“ゲーム機として”というくくりでは考えてほしくないんです。PS3というものは他にはないわけですから。例えば、高級なレストランで食事をした時の代金と、社員食堂での食事の代金を比べるのはナンセンスですよね? これは極端な例ですが、まさにそういうことなのです。そのゲーム機で何ができるか、というのが問題なのです。すばらしい体験ができるのなら、価格は問題じゃないと考えています。」

この発言は多くの一般ゲーマーの感覚とズレているのではないだろうか。。。

そしてFF13
ゲーム画面
ムービー

今までのシリーズの中で最も未来型とのことだが、正直あまり好みではない。。。
肝心のリアリティについてだが、XBOX360のゲームはもちろん、FF12と比べて言うほど大きく変わっているだろうか?XBOX360が発売されて随分と言われていることだが、リアルに近づけば近づくほどリアルとのわずかな違いが際だってきて、結局はリアルに見えない。。。らしい

とりあえず、このPS3&FF13は今のところまったく買う気が起こらない。おそらくXBOX360かWiiを優先するだろう。それよりかDSのゲームを複数買う方が有益かもしれない。
[PR]
by caliyan | 2006-05-10 00:47 | ゲームニュース