サラリーマンが余暇でゲームをつくる日記
by caliyan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ゲーム設計
グラフィック
プログラミング
キャラクター
ゲーム論一般
プレイ雑記
ゲームニュース
作成進捗
ご挨拶
以前の記事
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
more...
ブログリンク
最新のトラックバック
ドラクエ9が・・・9が・..
from 銀色じゃんけん
たまげた 次回作ドラクエ..
from お得情報ドットコム
ポケットモンスター エメ..
from 新作ゲーム/人気ゲーム商品参..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


回数制限のあるパワーアップシステム

前に書いた「レベルアップの回数を制限したら」を実現するための成長システム。

敵を倒して経験値が溜まってレベルがアップするのとは少し違って、敵を倒したときに手に入るアイテムでレベルアップ、というか各ステータスが上がるシステム。今のところそのアイテムはエレメント(仮)呼んでいる。
エレメントも種類があって、魔力アップ、HPアップ、炎の魔法アップ、回復の魔法アップなどの効果がある。最近出た世界中の迷宮やDQ8にもあったようなレベルアップしたときに手に入る特技ポイントを振り分けて自分好みに特技を覚えてキャラをカスタマイズできるシステムに似ている。

DQ8と違うのは、エレメントにも段階があってエレメントが大きいほどパワーアップの度合いが大きい。とりあえずその段階数は3にしている(小、中、大)。つまり強い敵を倒すと大きいエレメントが手に入ってよりパワーアップできる。エレメントが出てきても吸収するしないは自由なので気に入らない種類や大きさならスルーできる。
もう一つ大事なのは、1人のキャラが吸収できるエレメントに限度があること。小さいエレメントばかり吸収していればMAXでもそれほどパワーアップできないし、大きいエレメントを多く集められればMAXでのステータスもそれだけ高くなれる。もちろん吸収してきたエレメントの種類によってキャラは多種多様な成長を遂げている。

キャラを強くするためにはできるだけ大きいエレメントを吸収して小さいものはしないこと。だけど最初は弱いので弱い敵しか倒せずエレメントも小さいものしか手に入らない。つまりできるだけ強くならない状態で強い敵を倒していく、あたかも低レベルプレイのようなことを強いられる。
[PR]
by caliyan | 2007-02-14 22:39 | ゲーム設計
<< 回数制限のあるパワーアップシス... 仲間キャラの戦闘AI >>