サラリーマンが余暇でゲームをつくる日記
by caliyan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ゲーム設計
グラフィック
プログラミング
キャラクター
ゲーム論一般
プレイ雑記
ゲームニュース
作成進捗
ご挨拶
以前の記事
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
more...
ブログリンク
最新のトラックバック
ドラクエ9が・・・9が・..
from 銀色じゃんけん
たまげた 次回作ドラクエ..
from お得情報ドットコム
ポケットモンスター エメ..
from 新作ゲーム/人気ゲーム商品参..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


オルテガはどうやってゾーマの城まで辿り着いたのか

DQ3の勇者の旅というのは先に出た父オルテガの後追いの旅でもあった。ゲームの終盤で勇者とオルテガはゾーマの城で感動の再会をすることになるのだが、この場面ができあがる過程において数多くの疑問がある。

父オルテガは
・ 魔法の玉で封印の壁を壊さずにアリアハンを出たのか?
・ 魔法の鍵や最後の鍵を手に入れずに旅を進められたのか?
・ ラーミアを使わずにどうやって岩山に囲まれた火山まで行ったのか?
・ 虹の雫で橋を架けずにどうやってゾーマの城の島まで渡ったのか?
などなど

多くのゲームにおいて、自分が謎を解いてアイテムを集めて苦労して辿り着いた場所に、既に他のキャラが何故か先にいたりすることはよくある。
私もゲームの設計を詰めていると同じようなシチュエーションを作らねばならなくなり、オルテガの例のようにサボって逃げたら楽なのにと思う。しかしこれは明らかな矛盾なわけでできればやりたくはないのだが、完璧な設計というのはやはり難しい。少しはこのオルテガの方向に妥協しないといけないかもしれない。
[PR]
by caliyan | 2006-08-03 23:46 | ゲーム設計
<< 暗黒騎士とパラディン RPGっぽい風景 >>