サラリーマンが余暇でゲームをつくる日記
by caliyan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


PS3、XBOX360、Wii

ここ数日はE3(Electronic Entertainment Expo)での、PS3、Wiiの詳細、新作ゲームのニュースで日本のゲームの各掲示板も盛り上がっている。
このE3というお祭り、もちろんアメリカだから行った事はないが東京ゲームショーよりもすごいのだろうかね。東京ゲームショーもかなりの規模だけども。

前回の記事でPS3のことを書いたけど、それ関連をもう少し…。

■ PS3とXBOX360
PS3が、ハードディスクが20Gでさらに機能がやオプションが削られた廉価版が税込63,000円、60Gの事実上の通常版が約75,000円。XBOX360が、現在だいたい35,000円。
二つのゲーム画面を見比べてもほとんど違いは分からない。実際に二つのマシンの計算機としての機能の差は、スペック表を見比べてもそれほどはないと言える(一応PS3の方が上らしいが)。では、この二つの値段の違いは何なのかというと、XBX360が従来のDVD(容量7G)に対し、PS3がBD(BlueRayDisc、27G)を使っているからに尽きる。

しかし、二つのマシンのゲーム画質が違いが見られないとすると、BDの大容量が本当にゲームに必要なのか疑わしい。XBOX360のゲームがDVDで足りているのだから。
ポリゴンをひたすら増やしてキャラや背景を細かくしてより滑らかなCGが作れるかもしれないが、これでは開発費がいくらあっても足りない。
また、BDの容量を使い切るためにハイビジョン対応のムービーで埋めるという手もあるかもしれない。しかしムービー作成にはこれまたお金がかかるし、ムービーにための容量なんて”ゲーム”の道からさらに外れていくだけである。さらに言えばハイビジョン用のでっかいテレビってそんな一般に普及しているのだろうか。。ハイビジョンテレビ&BR or HDVのコンポなんてまだまだ金持ちかマニアのみって感覚なのだが。。。

今までのコンピュータゲーム史の中で、ハードの性能がワンランク以上あがった時に、CGの差が見て取れないなど初めてのことかもしれない。つまり現在のXBOX360の画質がハードの機能と作成コストの釣り合いの上で、限界に近づいていると言えるのかもしれない。

■ Wii
画質はGCに比べ、多少あがった程度。やはり売りは片手操作の新型コントローラ。正直、私は現在のところ、この新型コントローラに多少の抵抗がある。テニスゲームをするのにラケットを振り回すような運動をする気にはなれない。しかしこれは記事を読んだだけの第一印象なので、実際にデモを見たり、プレイしてみたら面白く新鮮に思えるかもしれない。
Wiiは機能的にも金額的にも客層的にも、PS3&XBOX360の直接のライバルにはならず、共存していくのは間違いない。(とみんな言ってるw)

■ 結論
PS3はかなりの確率で買わない。FFも12で見切りかけているので、FF13も興味を引かれない。XBOXはPS3効果もあって、相対的に購買意欲が高まってきた。現在はそれほど興味あるソフトがないので、あわてては買わない。ブルードラゴンとかはやはり注目している。
初代XBOXも2万まで値下がりしたときに買ったので、今回も値下がりしないだろうかと期待している。ここでPS3に一気に差をつけるためにも値下げに踏み切っておかしくない。無限の資金力をもつマイクロソフトならば1万にして一気に普及させる作戦も可能と聞いたのだがwさすがにそれはないか。Wiiはゼルダ、ドラゴンクエストソードが発売と同時に出そうだが、とりあえずは様子見。

まあ、しばらくはゲームはDS、PS2で十分ということか。。。
[PR]
by caliyan | 2006-05-14 02:04 | ゲームニュース
<< グループで島に漂流したら PS3とFF13 >>